ビタミンU

ビタミンU

ビタミンUは、胃腸の粘膜を健康に保ち、胃潰瘍を予防するビタミン様物質(アミノ酸)です。戦後、アメリカでキャベツから発見されました。塩化メチルメチ オニンスルホニウム、キャベジンとも言います。

医薬品に近い作用があり、ビタミンUを含んだ胃腸薬が多数販売されています。摂取量も決まっておらず、不明 な点の多い栄養素です。

ビタミンU不足度チェック

ビタミンUってどんなもの?

ビタミンUの働き

きゃべつ

胃腸の粘膜組織を作り、壊れた組織を修復する働きがあります。粘膜細胞への血流を促進し、胃酸を調節します。ビタミンU摂取後、2、3時間で粘膜が補強さ れ、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の発症を予防します。

肝臓の機能を高めて脂肪肝を防いだり、抗酸化作用もあり、ガンや動脈硬化の予防をします。腸壁を修復するた んぱく質の合成を促進します。

欠乏症状

特にありません。

過剰症

特にありません。

こんな人に

胃潰瘍、十二指腸潰瘍を予防したい人、ガンや動脈硬化の予防をしたい人におすすめです。

1日の目安量

特になし。(未定)

ビタミンUが豊富な食品(可食分100gあたり)

野菜

きゃべつ

キャベツ、パセリ、レタス、セロリ、アスパラガス、ブロッコリー


その他

青海苔、牛乳、卵

上手な摂り方

マヨネーズ

水溶性のビタミン様物質のため、加熱のしすぎに注意しましょう。煮物にするときは汁ごと摂りましょう。

酸に強いので、マヨネーズや酢と一緒に食べると良いでしょう。


ビタミンUを摂取できるサプリメント

健康を維持したい人に

天然家族キャベツ

(製造元:マイクロフーズジャパン)キャベツに多く含まれるビタミンUのほか、ビタミンKも含まれています。自然の素材をそのままに超微粉末にしました。摂取量6粒で40mgのビタミンUが摂れます。

KOSEビバランスU

(製造元:コーセー)ビタミンUの他、ビタミンC、ポリフェノールや食物繊維などを配合しています。

ビタミンUを摂取できるレシピ

きゃべつと挽き肉の重ね煮

材料(2人分)

キャベツ 8枚、豚赤身挽き肉 150g、玉ねぎ 1/4個、バター 小匙1、塩こしょう 適量、溶き卵 1/2個分
【スープ】 固形コンソメ 1/4個、水 1カップ、酒 大匙1、塩こしょう 少々

作り方

玉ねぎをみじん切りにします。耐熱容器に玉ねぎとバターを入れ、ラップをかけずに電子レンジで1分加熱し、混ぜます。挽き肉に、先ほどの玉ねぎ、塩こしょ う、溶き卵を合わせ、粘りが出るまでよく混ぜます。キャベツは1枚を4つに切ります。鍋にキャベツと挽き肉を交互に重ね、スープの材料を入れて蓋をし、火 にかけます。煮立ったら弱火にし、30分程煮ます。食べやすく切り分けて器に盛り、できあがりです。

 
アスパラガスの牛肉巻き

材料(4人分)

アスパラガス 3本、牛肉赤身薄切り肉 2枚、塩こしょう 少々、小麦粉、凧糸 適量、サラダ油 大匙1
【たれ】 みりん 大匙2、酒 大匙1、醤油 大匙1と1/2、砂糖 大匙1/2、オイスターソース 小匙1

作り方

アスパラガスは皮剥きではかまと根元の皮を剥いて、熱湯で塩茹でします。冷水に取って水気を取ります。バットに軽く塩こしょうをして、牛肉を広げ、アスパ ラガスを3本まとめて乗せ、くるくると形良く巻き、凧糸で止めます。ボウルにたれの調味料を入れて合わせておきます。巻いた牛肉とアスパラガスに小麦粉を 薄くまぶします。フライパンに油を引き、牛肉巻きを並べ、全体に焼いて火を通します。たれを加えて煮詰めます。器にもりつけ、できあがりです。


▲ ページの上部に戻る